「光トポグラフィー検査」とは

「光トポグラフィー検査」は客観的で高精度な最新医療技術です。

TMS磁気刺激治療 「うつ」など心の病気の診断は、患者さんに症状などを聞き、医師が知識と経験に基づいて行っており、血液・画像などの客観的データは何もありませんでしたが、最新医療技術「光トポグラフィー検査」が開発され、客観的で精度の高い診断が可能になりました。うつ病・躁うつ病・統合失調症などの心の病気の鑑別が可能です。ただし、最終的な診断は医師がします。

以下のような方にオススメの治療です。

最近落ち込みがひどく、「うつ病」かどうか心配なので調べたい

心療内科で「うつ病」と診断されたが、納得できない

勤め先から心療内科の受信を勧められたが、検査だけしたい

精神的な病気があるかどうか調べたい


◎ 検査方法 ◎

SDS-うつ性自己評価尺度検査

SDS(うつ性自己評価尺度)に現在のうつ症状の程度を記入していただきます。

光トポグラフィー検査

頭にヘッドセットを着け、頭部に近赤外線を照射しながら、幾つか簡単な質問に答えてもらい、その時の脳の血流量の変化を測定します。測定時間はわずか15分です。これをグラフ化してうつ病などの心の病気の客観的な診断を行います。
※近赤外線とは‥‥‥家電用のリモコン・赤外線 カメラなどに使われている光で体には全く害はありません。

診察

2つの結果をもとにうつ症状の程度を診断します。光トポグラフィー検査の精度70~80%ですが確定診断ではありません。そこでSDSとの併用にて、より精度の高い診断が可能となっています。
※別途診察代がかかります。

 

SDS-うつ性自己評価尺度検査


SDS-うつ性自己評価尺度検査


光トポグラフィー検査


光トポグラフィー検査


検査結果用紙


検査結果用紙


◎ 検査費用 ◎

1回につき12, 000円(消費税別)

※自由診療のため保険は適用されません。

各事業所の労働管理者の方へ

2015年12月から従業員50名以上の事業所に対しストレスチェックが義務化されました。 しかし、メンタル不調者は、アンケート調査に対し「とても落ち込んでいる・全く仕事に集中できない」ではく、「少し落ち込んでいる・時々仕事に集中できない」と答える可能性があります。 ストレスチェックにてうつ病など心の病気の疑いのある方に対し、この光トポグラフィーとSDS検査、さらに心理カウンセラーとの面談を実施することにより、職場のメンタル不調者の本来の症状の程度が判別できます。 ぜひご利用ください。

 TOP