「TMS磁気刺激治療」とは

「TMS磁気刺激治療」は副作用のほとんどない最新の画期的な治療法です。

TMS磁気刺激治療 「TMS磁気刺激治療」は副作用のほとんどない最新の画期的な治療法です。
欧米の先進国ですでに保険適用となり画期的な成果を上げている最新治療がTMS磁気刺激治療です。
日本での保険適用はまだされていませんが、現在、多くの大学病院や医療センターで、この医療機器による治療が行われています。
当院でも平成28年5月から実施していますが、多くの方が短期間で症状が改善、薬を服用しながらでも治療を受けることができるので、中には1日20錠以上服用していた薬を全てやめることができた方もいらっしゃいます。
そもそも、うつ病は「心の病気」ではなく「脳の病気」だと言われており、実際、うつ症状にある患者さんの脳の代謝は低下しています。
この治療法は患者さんの脳の一部に磁気刺激を与え、うつや不安の関わっている「扁桃体」という部分を安定化させるもので、副作用はほとんどありません。

以下のような方にオススメの治療です。

うつ症状が長く続いており、薬でなかなか良くならない

抗うつ薬などの副作用が強いので、薬を減らしていきたい

うつ症状に対する薬物治療に抵抗がある

仕事の都合などで、できるだけ早くうつ症状を改善したい


◎ 治療方法 ◎

初診の方


診察&治療の説明(40分~50分)

1.問診票の記入
2.医師の診察
3.TMS技師による治療の流れ、注意事項などの説明
4.その後、治療室に移動して頭部にTMS磁気刺激装置を装着します。

闘値測定&照射部位決定(10分~20分)

患者さんの磁気刺激に対する閾値を調べ、照射部位を決定します(個人によって異なります)。

磁器刺激治療(約37分)

頭部の一部に磁気刺激を開始します。時間は約37分です。ある程度、音がしますが、イヤホンにて音楽を聞いたり本を読んだり、またDVD鑑賞も可能です。

再診の方


闘値測定&照射部位決定(10分)

磁器刺激治療(約37分)


注意

※磁器刺激治療の副作用は、頭部への軽い痛みや不快感などですが、治療を重ねるごとに軽減していきます。(ただし個人差があります)

※頭部に金属の入っている方、ペースメーカーを使用している方、インプラントのある方、てんかんの既往歴のある方はこの治療を受けられません。

◎ 治療費 ◎

TMS磁気刺激治療費 1回につき 6,800円 (税別)
※10回券購入の場合 1回分治療費 6,120円(税別)

重要

「TMS磁気刺激治療」が2017年11月13日(月)からご利用しやすい治療費で提供できるようになります

平成30年からTMS磁気刺激治療が『難治性うつ病』に限り保険適用になる可能性があることがわかりました。
当院では平成28年5月からTMS磁気刺激治療を行なっていますが、『難治性うつ病』だけではなく、『うつ状態』『不安障害』『適応障害』『不眠症』などにもかなりの効果があったことが実証されています。
「このままでは疾患により治療費に著しい差が生じることになる」という判断から、保険適用の対象とならない疾患に対しても以下のように一律の治療費を設定することになりました。

※平成29年10月31日以前でのTMS治療費については、 差額のご返金は出来かねますのでご了承ください。

 TOP