ハンス心療内科 福岡医院(医療法人ハンス)

こんな悩みはありませんか?

当院では、薬を使わない新しいうつ病治療法として注目の「TMS磁気刺激治療」、欧米で主流の「認知行動療法」など、最新の医療を受けていただく事が可能です。

当院では、薬を使わない新しいうつ病治療法として注目の「TMS磁気刺激治療」、欧米で主流の「認知行動療法」など、最新の医療を受けていただく事が可能です。

治療ページへ

TMS磁気刺激治療

療法ページへ

認知行動療法

ご予約ページへ

予約・受診方法

質問ページへ

よくある質問

クリニックページへ

医院紹介

治療ページへ

TMS磁気刺激治療

療法ページへ

認知行動療法

ご予約ページへ

予約・受診方法

質問ページへ

よくある質問

クリニックページへ

医院紹介

◎ ごあいさつ ◎

医療法人ハンス理事長近撮
長井敏弘サイン

私は、長年「うつ病」など心の病気の治療にたずさわってきました。心の病気のなかには薬物療法で完治するものも多くありますが、それは症状が軽度であったり一時的な症状であったりする場合で、それ以外では治療が長期に渡るケースがほとんどです。その結果、多剤多量に薬を処方、症状が軽減されても薬の依存や副作用で苦しむことになる場合が多いのです。
ドイツやフランスなど西欧の国々では、森林浴(なんと保険適用です!)や心理カウンセリングをするなど、薬物療法以外の治療法が中心となっています。
また、米国では副作用の少ない最新医療機器「TMS磁気刺激治療」が保険適用となり、うつ病治療に成果を上げています。残念ながら、現在、日本では大学などの治験段階で保険適用は数年先になりそうですが、辛い日々を送っている患者さんには待てません。
そんな思いから、薬を使わない心療内科クリニックを開業しました。「光トポグラフィー」および「TMS磁気刺激治療」「心理療法(認知行動療法)」の2つの非薬物治療にて、皆さんが一刻も早く「うつ病」などの心の病気から解放されることを祈っています。
注意)全て自由診療となり、保険適用はありませんが、皆さんが安心して受診できるよう、できるだけ安価に治療費を設定しました。 

長井 敏弘プロフィール

医療法人ハンス理事長/元岡山大学医学部臨床教授


大学卒業後、数々の職業を経験後、広島大学医学部に再入学。在学中から大手予備校で衛星授業講師として活躍、参考書など執筆。一方で医学部卒業後、精神病院・内科医院などを経て2004年みなみストレスクリニック開業。岡山大学医学部臨床教授を経て、2016年5月にハンス心療内科クリニック開業。テレビ・ラジオなどのメディアに頻繁に出演、現在も広島テレビにレギュラー出演中、健康相談室を担当。月刊紙Wendyなどにコラム連載中。企業や学校関係のメンタル講演会、学校PTA主催講演会など年間20回以上の講演をこなす。著書:「医学でうかる勉強法」(すばる舎)など

※当院は自由診療のため保険は適用されません。薬の処方はありません。