うつ病治療に福岡天神の心療内科【ハンス心療内科福岡医院】
女性の精神科医が
対応いたします。
院長:清田 ひとみ
長崎大学医学部卒業後、九州大学付属病院精神科勤務などを経て、2017年4月からハンス心療内科福岡医院院長に着任。
女性の精神科医が対応いたします。
院長:清田 ひとみ
長崎大学医学部卒業後、九州大学付属病院精神科勤務などを経て、2017年4月からハンス心療内科福岡医院院長に着任。

治療法(3つの選択肢)

来春から一部の疾患に限り保険適用になる可能性があるため、従来の18000円から6120円~に設定。利用しやすい治療費で提供できるように致しました。

このような症状でお悩みの方はご相談ください。

ハンス心療内科 福岡医院では、様々なお悩みを抱えた方に、
まずは気軽にご相談頂きたいと思っております。

様々な治療方法をご提案いたします。
なるべく薬の少ない治療や、漢方薬、カウンセリング(認知行動療法やアサーションなど)最先端のうつ病治療であるTMS(経頭蓋磁気刺激療法)まで、選択肢が多いのが特徴です。
院長の清田は日本マインドフルネス学会員です。
治療の中でマインドフルネスのエッセンスを取り入れています。患者様一人一人に寄り添う丁寧な診療を心掛けています。

「TMS磁気刺激治療」とは

TMS磁気刺激治療 欧米の先進国ですでに保険適用となり画期的な成果を上げている最新治療が、副作用のほとんどないTMS磁気刺激治療です。 日本での保険適用はまだされていませんが、現在、多くの大学病院や医療センターで、この医療機器による治療が行われています。 当院でも平成28年5月から実施していますが、多くの方が短期間で症状が改善しています。

ごあいさつ

 ドクター紹介

院長:清田 ひとみ  院長:清田 ひとみ
ハンス心療内科福岡医院長/精神保健指定医/精神科専門医
所属学会:日本精神神経学会/九州精神神経学会/日本マインドフルネス学会/日本抗加齢医学会


この仕事に就いて約20年、様々な人生と病気を背負った方々と出会いました。受診は勇気がいるかもしれません、だからこそ、「心療内科(精神科)に来て良かった」と思って貰えるような治療を心掛けてきました。全てがうまくいく訳ではないけれど、1人ではないと思ってもらえるように、帰る時には少し笑顔が増えているように。一緒に、新しい扉を開けてみましょう。

 TOP